本文へジャンプ
トップ >

南房総道の駅巡り

南房総の「道の駅」は個性豊か♪

南房総の「道の駅」を回れば、ぐるっと海に囲まれた房総半島の魅力を堪能できます。
お土産に、お食事に、休息に、旅の情報収集に、「道の駅」から南房総の旅をお楽しみいただけます。
そんな自慢の道の駅たちをご紹介しましょう。

道の駅きょなん見返りの里 道の駅富楽里とみやま 道の駅おおつの里花倶楽部 道の駅とみうら枇杷倶楽部 道の駅三芳村鄙の里 道の駅南房パラダイス 道の駅白浜野島埼 道の駅ちくら潮風王国 道の駅ローズマリー公園 道の駅和田浦 WA・O! 道の駅鴨川オーシャンパーク

きょなん「見返り美人図」作者の生誕地

富楽里 地元の産品やお惣菜がズラリ

花倶楽部 花摘みが一年中楽しめます

枇杷倶楽部 人気のびわソフト

鄙の里 田園風景の中でのんびり

南房パラダイス トロピカルワールド

白浜野島崎 野島埼灯台がすぐそば

潮風王国 海と花畑ここならではの風景

ローズマリー公園 カップルに人気

和田浦WA・O! 鯨のまちに道の駅誕生

オーシャンパーク 太平洋が目の前

レンタサイクル「くるくる車ららん」

南房総の風を感じてサイクリングを楽しんでみませんか?
マークの道の駅ではレンタサイクルが用意されています。

道の駅きょなん 見返りの里
内房の玄関口、情報を仕入れるにはココ。
国道127号線沿いにあり、見返り美人で有名な「菱川師宣記念館」を有する道の駅きょなん。富士山や夕日の美しい場所としても有名です。
安房郡鋸南町吉浜517-1
道の駅富楽里(ふらり)とみやま
自動車道から乗り入れ。地元農産物が大人気。
一般道からも富津館山道路からも利用できる道の駅。地元産の新鮮野菜や花々など、海・山の幸を楽しめる直売所が大人気です。
南房総市二部1900
富楽里ホームページ
道の駅とみうら 枇杷倶楽部
びわソフトは絶品。びわ尽くしの一大拠点。
2000年「全国道の駅グランプリ」で最優秀賞を受賞。カフェやショップはこだわりの枇杷グッズ満載。菜の花やいちご狩りなども。
南房総市富浦町青木123-1
枇杷倶楽部ホームページ
道の駅おおつの里 花倶楽部
一年中、花に包まれた、趣たっぷり花の楽園。
総面積4,000坪の広大な敷地に、花々が広がります。温室内では、新鮮・良質な花摘みが一年を通じて楽しめます。
南房総市富浦町大津320
花倶楽部ホームページ
道の駅三芳村 鄙の里
緑に囲まれた農産物の宝庫からは、おいしいものを。
農産物直売所「土のめぐみ館」と交流センター「鄙の里」。自社工場で作るオリジナルの乳製品は濃厚な味わいで人気。
南房総市川田82-2
鄙の里ホームページ
道の駅 南房パラダイス
南国ムードたっぷりの植物園。海辺の風が心地いい。
千葉県最大の動植物園です。珍しい動物とのふれあいや南国の植物の鑑賞などお楽しみいただけます。さまざまなイベントもご用意しています。
館山市藤原1495
道の駅 白浜野島崎
灯台のまち。のんびりと旅の計画を。
房総半島最南端の「道の駅」。花の情報館と併設し、海と花のまち「白浜」の旅の道草にぴったりの立ち寄り施設です。
南房総市白浜町滝口9240
白浜野島崎 ホームページ
道の駅ちくら 潮風王国
海のまちらしい、イベントいっぱい。潮風がBGMに。
9つのショップ&レストランは、千倉ならではの物産ばかり。漁船がオブジェでそびえる広々とした公園。季節ごとのイベントが人気です。
南房総市千倉町千田1051
潮風王国 ホームページ
道の駅 ローズマリー公園
彩り豊かな花の公園は、地元の豊かな食材の宝庫。
ノット四季の庭園にハーブや四季の花々が咲くローズマリー公園はカップルに人気のスポット。直売所の「はなまる市場」は南房総の産物でいっぱい。
南房総市白子1501
ローズマリー公園 ホームページ
道の駅和田浦 WA・O!
南房総に11ヶ所目の新しい道の駅
捕鯨基地や花作り発祥の地、和田浦に新しい道の駅が誕生。「たべあるくじら」をテーマに「食べて」「まちに繰出し」「出会い・発見」できるスポット。鯨料理をはじめとする地元ならではのメニューが並ぶレストランや、地元のとれたてが揃う直売所が嬉しい。
南房総市和田町仁我浦243
和田浦 WA・O! ホームページ
道の駅 鴨川オーシャンパーク
太平洋が目の前。絶景が広がる鴨川の道の駅。
扇形ピラミッドが特徴的な物産館&レストラン。展望台からは太平洋の景色がパノラマワイドに広がります。青空市場、フリーマーケットも随時開催中。
鴨川市江見太夫崎22
鴨川オーシャンパーク ホームページ
レンタサイクル
「くるくる車(しゃ)ららん」
南房総ではレンタサイクルが用意されている道の駅があります。
  • 1日 500円
  • 電動アシスト付き 1日 1,000円
  • 乗り捨て別途1,000円
「くるくる車ららん」詳細
▲ページTopへ